カードローンとキャッシングって何が違うの?

個人向けの小口融資にカードローンとキャシングがあります。
双方ともに無担保・無保証、使途限定なし、限度額の範囲で繰り返し利用できるのが特徴です。
さて、そうなるとカードローンとキャッシングのどちらを活用したらいいのかという問題が生じます。
Fotolia_46547068_XS (1) (1)
・金融機関による違いをチェック
カードローンには銀行系・消費者金融系・信販系があります。

・銀行融資が人気
比較的低金利なのと総量規制の対象外である点がポイントです。限度額の低い少額融資なら専業主婦でも申込みが可能です。

・インターネット申込みがおすすめ
インターネットなら審査結果が最短で30分ほどで分かります。審査通過完了後は自動契約機でカードを受け取るか、WEB上で契約完了できるWEB完結も人気です。

・審査項目はどんな内容なの?
カードローンの審査で重要視されるのは年収や勤務年数をはじめ、様々な項目がチェックされます。また在籍確認も行われます。

・返済はリボ払いが一般的
カードローンではリボルビング払いが用いられ、口座引落としかATM入金で返済します。毎月一定額の返済で負担が少ない分、利息が膨らみやすい点に注意が必要です。
無利息サービスの活用も検討してみましょう。

・多重債務にはくれぐれも注意!
現金が必要だからといって、何社ものカードローンから借金を重ねてしまうと返済不能に陥る危険があります。多重債務は信用情報にもキズが付くので絶対に避けましょう。

カードローンもキャッシングも呼称の違いだけで、基本的には同じ商品です。
過去にされていた区別としては、銀行が提供する個人向け小口融資をカードローン、貸金業者が提供する個人向け小口融資をキャッシングと呼んでいました。

また、カードローンは長期返済を目的としているためリボルビング返済方式を用いていますが、キャッシングは短期返済を目的としているため一括返済方式を用いています。
ただし、こうした区別は現在はほとんどされていません。

よって、銀行がキャッシングという名称で提供していることもあれば、貸金業者がカードローンという名称で提供していることもあります。カードローンでも一括返済が可能ですし、キャッシングでもリボルビング返済が可能となっています。
今、カードローンかキャッシングかどちらが良いか迷っているという方は、それぞれの商品の概要を確認しましょう。
つまり重要なのは各社でどのような融資を提供しているかということですので、呼び方に左右されず、商品そのものを見極める必要があります。
そうすれば、自分に適した融資が受けられるでしょう。

sck1203-bgc02複数のカードローンを一本にまとめる方法はコチラ