カードローンの返済方法とは

カードローンの返済方法で用いられるリボ払いは、分割払いと異なり毎月の返済額が一定なため返済プランが立てやすいのが特徴です。
返済額も少額から設定できるので、月々の負担を軽くすることができます。

しかしリボ払いはメリットがある反面、残高がなかなか減らないという側面もあります。
完済までに時間がかかり利息がかさむため、元金が一向に減らないという事態に陥りやすいのです。
返済総額を少しでも少なくするためには、できるだけ早く完済を目指しましょう。
効率的に返済を行うには、無利息期間を活用したり繰上げ返済を行うのもおすすめです。

むやみに借りすぎてしまい返済不能になることだけは避けなければなりません。
何度も返済滞納を繰り返すと信用情報にもキズがつきます。新たなローンの申込審査では申込者の信用情報を照会して借入や返済状況を確認されるので、
今後お金を借りようとしたときに審査に通らなくなる可能性も出てきます。

以上のことからも、融資を検討する際には審査申込前の返済計画が非常に大切だということが分かります。
返済シミュレーションを活用すれば、利息を含む返済金額や返済期間を簡単に把握することができます。
0-10 (1)
カードローンの返済方法には多彩な手段が用意されています。
主には、カードローン会社ATM、提携ATM、銀行振り込み、口座振替、店頭窓口などがあります。
各社でどのような手段を採用しているかは一概ではありませんが、これらの返済方法はよく見られます。
カードローン会社のATMは店舗や無人契約機に、提携ATMは銀行やコンビニなどに備わっているのでチェックしてみましょう。
銀行振り込みはインターネットから行うこともできるため、ネット申込みをすることで、より返済方法の幅が広がります。

返済方式には主に、一括返済とリボルビング返済があります。
一括返済は借りたお金を一括で返してしまうことで、リボルビング返済は借りたお金を毎月一定金額で返していくことです。
利息負担が最も軽いのは一括返済ですが、毎月の家計を圧迫させない返済をしていきたいのならリボルビング返済がいいでしょう。

ちなみに、リボルビング返済の中にも幾つかの返済方式が用意されています。
大きく分けると、一定額の中に元金と利息を含み支払う方法、一定額を元金に充てて利息は別途で支払う方法、残債務に応じて支払うべき最低金額が変わる方法があります。
利息の負担を軽くしたいのなら、一定額を元金に充てて利息は別途で支払っていった方がいいでしょう。
どの方式を採用しているかもカードローン各社で変わるため、自分に適した返済方法を選んで、無理なく返していくようにしてください。

sck1203-bgc02複数のカードローンを一本にまとめる方法はコチラ