生活保護を受けていたらカードローンは利用できない

カードローンの審査基準は明確にはされておらず、審査に落ちる理由は千差万別です。
ただ明らかに審査に通らないケースもあります。

よく知られているのがブラックリストに名前があるというパターンです。
自己破産や任意整理をはじめとする金融事故の記録がある人がローン審査に通る可能性は限りなくゼロに近くなります。

カードローンの特徴の一つは、無担保で信用だけでお金を借りられることです。
だからこそ借金を返せなかった人は信用を失い、融資契約を断られるのも無理ありません。

またカードローンの利用条件の一つに、安定した収入があることが挙げられます。
仕事の種類や年収の大小だけでなく、むしろ毎月一定の収入があるというポイントが重要視されます。
正社員でなくても派遣やアルバイトなどでもOKです。

ただし毎月の収入といっても、生活保護による収入はこの対象にはあてはまらないので注意が必要です。
仕事もなく生活保護に頼っている人は審査に通らない確率が高いです。
ちなみにカードローン契約後に仕事をなくし、生活保護受給の手続きを行った場合は金融機関に報告する義務があります。
Fotolia_38457484_XS
生活保護受給者の方も足りないお金を補うためにカードローンを利用したいというケースは少なくありません。
インターネット検索をしてみると生活保護受給者にも融資OKとしているカードローンがありますが、ただし、これらの会社は違法な業者である可能性が高くなっているので注意が必要です。

そもそも生活保護を受けている方は借金を作ることが許されてはいません。
生活保護は身体的や精神的なものが原因で自分でお金を稼ぐことができない方が受けることができる権利ですが、他者の税金で生活をしているということを前提にすると、様々な制限をされてしまうのは仕方のないことです。

そして、その一つが借金なのです。
また、生活保護の制限の有無にかかわらず、カードローン自体が収入のない方には融資できないとしています。
生活保護は収入ではありませんし、虚偽の申請をしても必ず見破られてしまうため、申込みをしたところで断られてしまうというのが現状でしょう。
それでも借り入れを受けた場合は生活保護の打ち切りもあり得るため注意が必要です。

借入はしないことは大前提ですが、もし、どうしてもお金が必要という場合は担当のケースワーカーに相談をしてみてください。
状況によっては借り入れを認めてくれることもあります。
つまり、無断で行うとリスクがあるということですので、必ず担当者に相談の上、適切な対処をしていきましょう。

sck1203-bgc02複数のカードローンを一本にまとめる方法はコチラ