カードローン審査の個人信用情報とは?

カードローンを利用するためには事前審査が必要ですが、この審査では個人の信用が確認されます。
カードローン審査における個人の信用とは、きちんと返済をしてくれる消費者かどうかということです。
カードローンは返済ありきですので、返済してもらえそうなもない人には融資は行えません。
kako-qbcvtFLPvKg0Drlp (1)
ただ、担保や保証人は必要ないので、信用さえあれば比較的誰にでも融資ができるシステムになっています。
無担保ローンであるカードローンの利用審査では、申込者の信用度が大いに重要視されます。
審査内容や審査基準は明らかにはされていませんが、判断のポイントとなるのが個人信用情報です。
金融会社では利用申込書の内容に基づき、申込者の信用情報を照会して、融資しても大丈夫な人物かをチェックします。

信用情報というのは数年分の金融取引の記録が載ったデータベースです。
借り入れしたお金を完済したか・遅延はないかといった信用調査をすることで、審査事務に活用しています。
何かしら問題があったり金融事故を起こした場合はブラック情報として記録が残ります。
金融ブラックリストに名前が載ってしまうと、新規のローンや借り換えの申込審査において大きく不利になることは避けられません。

現在は CIC・日本信用情報機関(JICC)・全国銀行個人信用情報センターという3つの機関が個人信用情報を管理しています。
信用確認のために考慮される条件が個人情報と信用情報の2つです。
個人情報とはカードローン申込み内容のことで、年齢、年収、職業、雇用形態、勤務年数、家族構成、居住形態などになります。
年収が高く、雇用形態が安定しており、勤務年数が長い人ほど返済能力が高いと判断されます。

また、既婚者よりは独身者、賃貸よりは持家、携帯電話のみよりは家電があるほうが有利になるでしょう。
信用情報とはこれまでの借り入れ履歴のことで、借入件数、借入額、返済状況などになります。
借入が少ない又はまったく無い方の方が有利になりますが、借入があっても返済をきちんとしていれば条件としては悪くありません。

ちなみに、これらの情報は個人信用情報機関で管理されているため、借入件数や借入額の誤魔化しはできません。
個人情報よりも信用情報の方が重要なので、カードローン申込みの前には他社の借入をいくらかでも片づけておくことが必要です。
また、使っていないカードローンがある場合は解約しておきましょう。

sck1203-bgc02複数のカードローンを一本にまとめる方法はコチラ