カードローンを利用する際の金利計算のしかた

カードローンの返済をする時には、元金+利息を返済していかなくてはなりません。
そのため事前にどのくらいの利息が発生するのかを知っておきたいでしょう。
利息は借入残高、金利、借入日数から割り出されますが、具体的な計算式は、「借入残高×金利÷365×借入日数」です。
1010
例えば借入残高30万円、金利は年18%、借入日数30日で計算してみると以下のようになります。
30(万円)×0.18(%)÷365(日)×30(日)=4438となるため、利息は4,438円です。
一括で返済をする場合は304,438円で完済できます。
毎月1万円ずつ返済していく場合はひと月目の返済が14,438円になります。翌月は29×0.18÷365×30=4290となるため、ふた月目の返済は14,290円になり、返済が進むほど利息も減っていきますつまり、借入残高が少ない、金利が低い、返済期間が短いほど利息負担が少なくなるということです。

・十分な返済計画がポイント
カードローンを利用する際には事前にしっかりと返済計画を立てることが重要になります。
自身の年収に対する返済比率を考慮して、返済の目処がつく範囲での借り入れにとどめましょう。
返済シミュレーションを活用すればローン計算が簡単にできます。

・リボ払いの落とし穴
カードローンでは一般的にリボ払いが用いられます。
分割返済と違い毎月の返済負担は軽くて済みますが、返済期間が長引きやすいので利息負担が大きくなりがちです。

・金利が低いほうがお得
利息の計算方式が「元金×金利×借入期間」で表されるように、金利差が利息と返済金額に直結します。
できるだけ低金利で借り早期に完済することで、利息金額および返済総額を少なくすることができます。

・返済できなくなったら?
融資されたお金が返済不能になった場合は、任意整理・民事再生・個人再生などの方法で借金整理を行います。

・過払い請求とは?
法律で定められた利息よりも余計に利息を支払っていた場合、過払い金を取り戻せる可能性があります。
過払い請求の手続きは、無料相談を受け付けている専門家に相談すると安心です。

よって、できれば早めの返済を心がけていくようにしましょう。
また、カードローン利用時には事前に返済シュミレーションを活用することをおすすめします。
返済シュミレーションなら、自分で手間をかけて計算をするまでもなく自動で計算をしてくれるため、簡単に返済計画を立てられます。
借入は計画性が重要ですので、安易に利用を決めるのではなく、どのくらいの期間で完済できそうか、無理なく返済できる金額はいくらかを考えて利用していくようにしましょう。

sck1203-bgc02複数のカードローンを一本にまとめる方法はコチラ